30代、妻子あり、副業で月10万&サラリーマンの転職

36歳、妻と子(7歳と4歳)あり、給料が少ない(手取り月に22万、昇給、賞与なし)、給料を上げてもらえる見込みがまく、転職することにしました。4回目となる転職の話だったり、たまにネットビジネスによる副業について語ったりします。

パート+副業だと、税金はどうなる?税理士の先生に聞いてみた

   

税金

退職後、パートを本業としながら、副業(フリーランス)をした場合に気になるのが税金。
※次年からの税金の支払い

分からないので、税理士の先生に聞いてみました。

私がとくに知りたかったのは、「パートやアルバイトは103万円、130万円の壁がある、超えてはならない」と聞いたことがあることから、私が、パートをメインとして別で副業をした場合、この壁が関係あるのか、です。

私が12月31日をもって退職し、1月1日からパートをしたと仮定します。副業も続けていると仮定します。

[条件]

  • 36歳男性
  • パートを本業とし、傍らで副業(フリーランス)を行う
  • 妻あり
  • 子供二人あり(7歳、4歳)
  • 私の本業のパートが150万円/年、副業が160万円/年となった。
  • 妻のパートが100万円以下となった。

[回答]

パートの180万円は給与所得となり、副業分から経費を引いた金額を雑所得として申告し、住民税は課税所得に対しておよそ10%であることから、所得税がおよそ10万、住民税がおよそ15万となる。

壁は、配偶者や扶養者の場合であって、世帯主の場合には、パートやアルバイトであっても、超えても関係ない。

なお、配偶者の収入が、103万円を超えると配偶者控除がなくなり、130万円を超えると社会保険に影響してくる。

 - 転職の準備 , ,