30代、妻子あり、副業で月10万&サラリーマンの転職

36歳、妻と子(7歳と4歳)あり、給料が少ない(手取り月に22万、昇給、賞与なし)、給料を上げてもらえる見込みがまく、転職することにしました。4回目となる転職の話だったり、たまにネットビジネスによる副業について語ったりします。

パート+副業だと、社会保険(健康保険)はどうなる?社労士の先生に聞いてみた

   

私は税金のことばかりを気にしてましたが、社会保険(健康保険)も気にした方がいいと指摘をくださいました。ありがとうございます。

こういったことも調べると大変ですので、社労士の先生に聞いてみました。

私が12月31日をもって退職し、1月1日からパートをしたと仮定します。副業も続けていると仮定します。

[条件]

36歳男性
パートを本業とし、傍らで副業(フリーランス)を行う
妻あり
子供二人あり(7歳、4歳)

私の本業のパートが150万円/年、副業が160万円/年となった。
妻のパートが100万円以下となった。

[回答]

パートで社会保険の適用となる条件は、週の労働時間が概ね30時間以上であったり、正社員の労働時間、労働日数の4分の3以上である必要があることから、一般的なパートさんでは社会保険の適用になりません。

社会保険の適用にならない場合は、健康保険は国民健康保険に加入する形になります。

国民健康保険は扶養というものがないため、奥様も、お子様もひとりひとりが、国民健康保険の被保険者となり、それぞれ保険料の納付が必要になります。

よって、奥様やお子様がいる場合は、扶養に入れることができる社会保険の方が一般的には有利になります。

ただし、社会保険の健康保険には任意継続制度というものがあり、現在のお仕事を辞められても、2年間は今の健康保険を継続できる制度があります。
注)退職後20日以内に任意継続の手続きをやる必要があります。

健康保険の任意継続をされた方が、国民健康保険に加入するより保険料は安くすむと思いますが、念のため、市役所、町村役場にて、国民健康保険に加入した場合の保険料を算出してもらい、どちらがいいか検討されてみるといいと思います。

また、社会保険の健康保険で、奥様を扶養に入れる際は、奥様の年収が130万円未満であり、世帯主の年収の2分の1未満である必要があります。

 - 副業があって転職 , , ,