30代、妻子あり、副業で月10万&サラリーマンの転職

36歳、妻と子(7歳と4歳)あり、給料が少ない(手取り月に22万、昇給、賞与なし)、給料を上げてもらえる見込みがまく、転職することにしました。4回目となる転職の話だったり、たまにネットビジネスによる副業について語ったりします。

妻から学ぶ、求人の探し方

   

探す

最近、妻の口癖は「パパのために求人票を3,000くらい見た私が言うけど、○○○○」です。

私のために求人票を数千は見たそうです。で、いくつか良いところをピックアップしてくれて、来週には面接です。

ハローワークに行って探してもらうのもいいけど、転職サイトのエージェントを利用するのもいいけど、妻の求人の探し方がうまいと思いましたので、自分で探すために書いておきます。

探すサイトは転職サイトやハローワーク、探し方は、求人を地域で絞る。絞ったら、すべての求人に目を通す。めぼしいところがあれば、ブックマークしておく。自宅に近い地域から順に絞って目を通していく。

いくつかブックマークしたら、次に求人の会社のサイトを見てみる。印象が悪ければなしにする。印象が良ければ、次に会社の評判を見てみる。評判が悪ければなしにする。

そして、私に得た情報をプレゼンしてくれる。私の感触が良ければ、その業種や、似たような仕事内容でもう一度探してみる。

  1. 地域で求人を絞る
  2. 絞ったすべての求人に目を通す
  3. めぼしいところがあればブックマークする
  4. 会社のサイトを見てみる
  5. 会社の評判を見てみる
  6. その仕事内容に興味が持てれば、遡って同じような求人がなかったか見てみる
  7. 次の地域へ(1に戻る)

妻も何度か転職していて、いつも転職がうまくいってるなと思ってました。やいたいことをやってるようです。

昔に、「DNAの研究が面白そう」と、特殊な転職サイトに申し込んで、採用まであと一歩のところまで行ってましたが、子供ができて断念しました。

今回、パートが一発で決まり、話を聞くと、仕事内容を聞いたママ友達が羨ましがってるそうで、それに、子供の送り迎えに差し支えないドンピシャの勤務時間なのです。

たまたまいいところが見つかって、妻は超絶高学歴だし、色々と資格を持ってるし、そりゃ受かるでしょ、って思ってましたけど、実はそうではなかったのです。

自分で地道に探して見つけ出して、おそらく、サイトなどで会社の情報を念入りに見てインプットして、会社が希望する人材にコミットして面接を受けたのでしょう。面接の時点で決まったそうです。

先月は整理に使いました。今月は求人票に目を通すことに注力します。妻のやり方で私も求人を探します。

「パパのやりたいことがもっとはっきりしてればねぇ」

探してくれてる妻には申し訳ないけど、妻のおかげもあって、時間がかかったけど、ようやくやりたいことがはっきりしてきたよ。

やりたいことで絞らず、ハローワークの方がおっしゃられてたように、色々な業種の求人を見てみて、まだ気づいていない自分のやりたいことを見つけ出しつつ、自分にマッチする求人を探します。

 - 転職活動 , ,