30代、妻子あり、副業で月10万&サラリーマンの転職

36歳、妻と子(7歳と4歳)あり、給料が少ない(手取り月に22万、昇給、賞与なし)、給料を上げてもらえる見込みがまく、転職することにしました。4回目となる転職の話だったり、たまにネットビジネスによる副業について語ったりします。

求人に申し込み2件目、電話してみたら、ダメだった

      2016/01/22

転職サイトで良さそうな求人を妻が見つけまして、「これどう?」と印刷されたものを渡されてました。自分で見つけられず、というかまだ探してもいなくて、情けないばかりです。

渡された時は、「うーん、ないかな~。でも、なくもないかな~。」と申し込むことに迷い、すぐに申し込まずにキープしておいたのです。

妻がせっかく見つけてくれたのだからと、求人情報を何度か目を通し、真剣に「ここで働くのはどうか」を検討しました。

社員が数名の小さい会社ですが、求人情報からは社員を大切にしていることがひしひしと伝わり、そして、募集理由は、私がやりたいと最近に思うようになってきたことにドンピシャです。

私の趣味のことに関係していて、しかも、「仕入れから企画までお任せたい」とあります。「大歓迎」のところには、まさに私がやってきたことが当てはまります。

間もなく辞める今の会社では、物作りをしています。企画からすべてを任せたいようにも感じますが、自分でやって何かあれば、上げ足をとられて大騒ぎになるのが目に見えてます。しかも、やってるうちから上げ足をとられて潰されることも多々あります。だから、自分ではなにも企画できず、ただ言われたものを作るだけです。悪循環になっているのです。

言われたものを作っても、大きな売り上げになるとは思えない、大きな売り上げを上げなければ、間違いなく給料は上がらない。そもそも、うちの会社では物作りをしていては、給料が上がるのは難しい。営業様様が根強い会社です。

そんなジレンマから、他の会社で企画をやってみたいと思うようになってました。そして、求人には仕入れから企画まで任せるとあります。やってみたいことなのだから、入社できれば未経験でも頑張れると思い、応募して話を聞かせて頂くことにしました。

日曜日、履歴書を書いて準備し、電話をしてみると、「転職サイトにはまだ載っていますが、すでに定員一杯になりました。申し訳ないですが、今は募集してないです。大変申し訳ないです。」とのことで、「そうですか。残念ですが、、」と言って電話を切りました。面接を受けるまでもなく、終わりました。採用担当者様はすごく感じのいい方でした。

最初に妻から受け取ったとき、よく募集内容を見て、もっと早くに決断していれば、もしかしたら面接を受けられたかもしれないです。妻も「スピードだね」と、ここのところ言ってます。

終わったものがあれば、また新しいのがでるはずですから、いい求人が見つかったら、すぐに電話してみて、とにかく話だけでも聞かせていただこうと思います。

 - 転職活動 ,