30代、妻子あり、副業で月10万&サラリーマンの転職

36歳、妻と子(7歳と4歳)あり、給料が少ない(手取り月に22万、昇給、賞与なし)、給料を上げてもらえる見込みがまく、転職することにしました。4回目となる転職の話だったり、たまにネットビジネスによる副業について語ったりします。

昨日、ハローワークに行って登録してきました

      2015/12/25

ハローワークカード

転職活動をするといっても、具体的には何からしようかな、と考えまして、まずはハローワークに行きました。

ハローワークに行って、ハローワーク”カード”を作ってもらい、ハローワークに登録された求人情報を見せてもらいます。

求人は家からネットで見ることができますが、カードを作ってもらって求職番号をもらわないと、求人情報の詳細が見れないんです。なのでまずはハローワークに行ってカードを作ってもらいました。

それと、たしか、ハローワークに登録された求人の募集に応募するにはハローワークを通す必要があり、求人番号が必要だったはずです。

また、窓口では求職の相談に乗ってもうこともできます。昨日は2時間ほど相談に乗っていただいちゃいました(汗。

ええと、ハローワークの利用は3度目です。なので、ハローワークを利用するのは慣れたもんなんですよ(汗。

相談に乗っていただいたことを自分用にメモしておきます。今は相談に乗ってもらったことで求職の道筋がしっかり決まりましたので、先で迷うことがあったらこれを読もうと思います。

  • 今は昔のような人情のある会社は少なく、ほとんどの会社が社員と会社がドライの関係にある。
  • だから、会社の経営が厳しいとなればリストラの可能性も十分にある。
  • よって、リストラされることも十分に考えておいたほうがいい(次が決まったからといって生涯雇用とは限らない)。
  • なので、やりたいことを見出し、その技術を会社から学ぶと考えてみるのはどうだろう。たとえば、副業をいつか本業にしたいとあれば、人を雇うことになるはず。人を動かさなければならいのだから、人事はどうだろう。会社を立ち上げれば経理も必要になる。経理などはどうだろう。それらの技術を会社から学ぶとあれば頑張れるはず。
  • 会社を辞めることで自分の時間ができるのだから、家でうじうじするのではなく、有意義に使ったほうがいい。
  • 遊びに行くなどしてリフレッシュするのもいいと思う。今まで頑張ってきたのだから自分へのご褒美と考えるのがいいと思う。
  • でも、資格を取るなど(勉強を始めるなど)、勉強に時間を費やすのがいいと思う。
  • 転職先は、給与や勤務地を理由に決めるのはあまりよろしくない。面接のときに「なぜ、うちを?」と聞かれても答えることができない。ほかにたくさん質問がきたら、答えられないだろう。
  • なので、まずは、業種を一覧にして、働きたい業種かどうか、消去法でピックアップしてみてはどうだろう。
  • 自分のやりたいことにかかっているかを考え、かかっていないものは消去していく。かかっているものをピックアップしていく。
  • ピックアップしたら、次はその業種に登録されている求人情報(会社)を一通り見てみよう。すると、会社が人材に何を求めているのかが見えてくるはず。経験だったり、資格だったりもする。
  • まずは、経験、資格不問を選ぼう。
  • 不問がなくても、諦めず、経験ありのところを受けてみよう。やりたいという気持ちがあれば、どんな質問にも答えることができ、「入社できれば早くに戦力になれるように努力する」という姿勢を見せることができれば、資格や経験がなくても、受かることがある。

ちなみに、ハローワークで担当してくださったその方は、求人に「経験がある」とあったにも関わらず、経験なしでハローワークに入れたそうです。ご本人は「奇跡が起きた」と言っていましたが、奇跡ではなく、まさに会社が求めていた人材だっったのだなと、私は思いました。

他業種にしたいという希望があるだけで、どういった仕事をしたいというのが決まらなくて困ってたのです。家の周辺の求人や、路線沿線の求人に目を通しましたが、特にこれといったやりたい仕事もなく、給料だけ見て、まあ、これならいいかといくつかピックアップし、ハローワークに行って詳細を見せてもらうつもりでいました。

でも、それらは破棄し、やりたいことにかかわる業種、求人をピックアップすることからやり直すことにしました。職業訓練のパンフももらってきました。読んでみます。

 - 転職サイト・ハローワーク , ,